お知らせ

嗅覚・味覚障害と新型コロナウイルス感染について

新型コロナウイルスの感染が世界中に流行し、
日本においても大都市を中心に急速に広がっています。

新型コロナウイルス感染症は、発熱やせき・たん、のどの痛み、体のだるさが
主な症状ですが、嗅覚(におい)や味覚(あじ)も低下することが分かり、
新聞やニュースで報道されています。

しかし、嗅覚や味覚の障害はインフルエンザや一般の「かぜ」でも生じることがあり、
必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではありません。
また、新型コロナウイルス感染症による嗅覚や味覚の障害は自然に治ることが多く、
特効薬もありません。


新型コロナウイルス感染症における対応と注意事項をまとめましたので参考にしていただけますよう、お願いいたします。
なお、この知らせは診断や治療の進歩によって、変わることがあります。

  1. 37.5度以上の発熱が4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、だるさがあれば、お住まいの区市町村の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。厚生労働省のホームページからも確認することができます。
    各都道府県における帰国者・接触者相談センター紹介(厚生労働省)
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
  2. 急に「におい」や「あじ」の異常を感じるようになった場合には、万が一、新型コロナ感染症であったときに周囲の人に感染を拡大する可能性がありますので、2週間は出来るだけ不要不急の外出を控えてください。その間、医療機関への受診は控え、体温を毎日測定し、手洗いをこまめにしてください。人と接する際にはマスクをつけて対話をしてください。
  3. 嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。自然に治ることも多いのでしばらく様子を見てください。特効薬はありませんが、2週間経っても他の症状なく嗅覚や味覚が改善しない場合は耳鼻咽喉科外来を受診してください。

あなたとあなたの周りのみなさん、家族を守るために、ご協力をお願いいたします。

2020年3月30日
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会