取材協力

耳垢が臭い、黒い……耳垢が招く病気やトラブルを専門医が解説

マイナビ記事投稿

インデックス

冬から春にかけての季節は乾燥がきつく、花粉症などアレルギーの多い時期。身体や耳のかゆみも出やすくなるため、触りすぎないなど正しい知識が必要だ。そこで、日本耳鼻咽喉科学会認定専門医の宮崎裕子医師に、耳垢の異常の原因や対策、適切な耳掃除の方法についてうかがった。

耳垢がベタベタしているのは病気?

日本人は乾燥した耳垢が大半

耳垢とは、耳垢腺と皮脂腺から分泌される粘液と、剥がれ落ちた表皮や毛、外部からのホコリなどからできている。遺伝的に湿性型と乾燥型に分けられ、西欧人ではおよそ9割が湿性耳垢だが、日本人は7~8割が乾いた耳垢(乾性耳垢)だ。
「乾性耳垢のほうが自然排出されやすく、湿性耳垢は耳の中に残りやすいです。耳垢の乾湿の差は、耳垢腺の分泌物の量の差で決まっています。耳垢の成分はタンパク質、脂質、アミノ酸であり、湿性型は糖質が多く、この糖質が水分を吸収しやすいため湿性になるのです」

たまった耳垢をきれいに取る方法

耳垢腺は汗腺と似ており、垢のもととなる油分を含む。耳垢は通常、耳の入り口から1cm程度の所までにとどまり、それより奥にはたまらないそうだ。

「耳垢は耳の穴から鼓膜までの外耳道を保護する役割を果たしており、完全に不要な老廃物ではありません。外耳道の上皮の動きと、咀嚼(そしゃく)やあくびの際の顎の動きなどによって、開口部に向かって徐々に移動していきます。そして自然排出されることがあるため、『しばらく待ってみる』という選択肢もありますが、掃除が必要となれば、専門医は耳鏡や顕微鏡を利用して耳垢を除去します。鉱物油やグリセリンをたらして耳垢塞栓を柔らかくしてから除去する場合もあります」

「耳掃除をするのが好き」という人もいるかもしれないが、その理由は迷走神経にあるのではないかと宮崎医師は推測する。迷走神経は耳の入り口から3cmほどの所にある外耳道に分布している神経。快感をもたらすと考えられており、この部分を刺激すると気持ちがよくなるため、頻繁な耳掃除をやめられなくなってしまう人もいるという。

だが、気持ちいいからといって耳掃除をやりすぎると、耳の病気を引き起こすこともあるため、やりすぎは禁物だ。

耳垢が招くトラブル

上述のように自然排出されることもある耳垢だが、以下のようなトラブルを招くケースもある。

・耳垢塞栓(外耳道の奥に耳垢がたまって外耳道を塞ぐ)
・耳の痛み
・耳閉感(耳が塞がったような感覚)
・聴力低下
・耳鳴り
・かゆみ
・耳だれ
・咳

上記のような症状が出た際や、鼓膜の検査を行う必要があるのに、耳垢が邪魔して鼓膜の状態がよく見えないときは、専門医を受診するとよい。

「高齢者や外耳道が狭い人、補聴器使用者などには耳垢塞栓ができやすいと言われています。外耳炎や中耳炎が多い人、耳垢塞栓を繰り返している人、補聴器などを使用している人は、6~12カ月ごとに専門医を受診し、確認と耳掃除をしてもらうことをお勧めします」

病気を疑いたくなる耳垢

耳掃除をして気持ちよく耳垢が取れたものの、その耳垢の「色」や「におい」に異常が見られたら……不安な気持ちになる人もいることだろう。そのような際に疑われる疾患を以下にまとめた。

耳垢が黒い

生後すぐの乳児の耳掃除をすると、黒い塊が出てくることがある。心配するは親も少なくないが、その必要はないそうだ。

「赤ちゃんの黒い耳垢は、ずっとママの羊水の中にいた影響なので、心配する必要はありません。赤ちゃんは体温が高く、よく汗をかき、新陳代謝もいいです。そのうえ、皮膚の油脂分が多いので耳垢ができやすく、茶色や黄色の耳垢が出てくることもあります」

一方で、「外耳道真菌症」に罹患している可能性もある。外耳道真菌症とは外耳道炎の合併症。外耳道に真菌という水虫と同じようなカビ類の菌が付着し、耳垢が白色や黒色になることがあり、このケースは耳鼻科の受診が必要となる。