マイナビニュース掲載

マイナビ記事投稿 未分類

①なぜ「喉が渇く」のか

食事に含まれる水分を除き、平均的な人でおよそ1日に約1000mL以上の水分を摂取しています。

十分水分を摂ったのに、喉の渇きがとれない唾液があまり出ず、口が乾いて仕方ない

このような症状があるとき、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。

水分を摂っても喉が乾く場合、何らかの病気である可能性も考える必要があります

水分は血液とともに体全体を循環していますが、血液の中に含まれる水分が減少するのはよくない現象です。脳がその状態を感知すると細胞の中に含まれている水分を血液に送るよう指令を出し、それと同時に脳は「喉が乾いた」という信号を人間に送り、補給した水分を各細胞に行き渡らせる仕組みになっています。

(人間の体の約60%〜70%は水分であると言われていますが、そのおよそ2%が失われると、喉が渇いたと感じるそうです。

ちなみに5%失われると熱中症や脱水症状になり、10%失われると、体内の循環不全が起こるり20%失われると、死に至るケースがある場合があります。)

②1日に必要なおおよその水分量

厚生労働省によると、健康な成人男性の場合、1日に必要な水分量はおよそ2.5ℓ。

このうち、食事での摂取が1ℓ、体内で生成されるものが0.3ℓだそうで、残りの1.2ℓが足りないことになります。この分を飲み水として確保しなくてはなりません。

日々の活動状態が活発な人はもっと多くの水分を必要としますし、心不全、腎不全のある 方は 1 日の飲用量の制限量があったりしますので注意が必要です。 

高齢者になると水分を取らなくなって(口渇感が少ない、トイレが近くなるからやめるなど)、 気が付かないうちに脱水状態になり、唾液量が減ったり熱中症になりやすくなります。また重篤な状態になると血液が濃くなり脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因にもなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました