喉が痛い

上気道炎(いわゆるのどの風邪) のどはほとんど粘膜におおわれており、この粘膜に細菌・ウイルスなどの病原体が取りつくことで、これらを排除しようとする免疫系が活発に活動します。 その結果炎症が起こって、痛み・赤み・腫れの原因となり、全身の発熱を起こすこともあります。

急激に高熱がでやすい扁桃腺が腫れる急性扁桃炎、咽頭や喉頭に炎症を起こす急性咽喉頭炎、窒息する危険性のある急性喉頭蓋炎などがあります。

声がかれる

喉にある喉頭(こうとう)という器官には、声帯があります。息を吸い込む時には声帯が開きますが、発声時には声帯が閉じ、息を吐く時の圧力によって声帯が振動することで声を出しています。
声帯に何らかの異常が起こることで、声のかすれが起こります。
風邪のような炎症が原因の場合もありますが、風邪などの症状がないのに声のかすれが続く場合、声帯ポリープや声帯結節、喫煙が関係している喉頭がん、甲状腺がんによる神経麻痺(まひ)、加齢による声帯萎縮(いしゅく)などが考えられます。
風邪による喉の炎症がきっかけになって声帯ポリープや声帯結節ができる場合もあります。放置すると治らないだけでなく悪化する可能性が高いです

のどに違和感がある

のどがすっきりしない、違和感がある、異物感があるなど、のどの異常感を訴える人は多いものです。
慢性の咽頭炎や扁桃炎、喉頭炎のほか、喉頭がんや咽頭がんの初期症状の場合がありますので早目に耳鼻咽喉科で診察を受けられることをおすすめします。
また、副鼻腔炎の後鼻漏や、逆流性食道炎、加齢による唾液の分泌低下などによって違和感が生じる場合もあります。
原因となる疾患がなくてものどの異物感を感じる場合があり、咽喉頭異常感症と呼ばれますが、心身症の一種と考えられています。

飲み込めない・むせる

食べ物や飲み物は、のどから食道に入り、胃に送り込まれます。
飲み込めないという症状がでるときは、通り道のどこかが何らかの理由で狭くなっている、あるいは送り込む筋肉や神経などの働きが低下しているといった理由が考えられます。
炎症の場合も粘膜が腫れて飲み込めないという症状のでることがありますが、もっとも注意する必要があるのは腫瘍、なかでも悪性腫瘍(咽喉頭がんなど)の有無をしっかり確認する必要があります。
むせるというのは本来は食道、胃に入る飲食物が喉頭でうまく仕分けされず、気管、気管支に入り、その刺激で咳が出る状態です(誤嚥:ごえん)。
この場合も悪性腫瘍の存在や、声帯の運動障害の有無などをチェックする必要があります。
高齢者で飲み込みの機能が低下し、誤嚥を繰り返すと重篤な肺炎になることもあります