喉が痛い

上気道炎(いわゆるのどの風邪) のどはほとんど粘膜におおわれており、この粘膜に細菌・ウイルスなどの病原体が取りつくことで、これらを排除しようとする免疫系が活発に活動します。 その結果炎症が起こって、痛み・赤み・腫れの原因となり、全身の発熱を起こすこともあります。

急激に高熱がでやすい扁桃腺が腫れる急性扁桃炎、咽頭や喉頭に炎症を起こす急性咽喉頭炎、窒息する危険性のある急性喉頭蓋炎などがあります。

声がかれる

喉にある喉頭(こうとう)という器官には、声帯があります。息を吸い込む時には声帯が開きますが、発声時には声帯が閉じ、息を吐く時の圧力によって声帯が振動することで声を出しています。
声帯に何らかの異常が起こることで、声のかすれが起こります。
風邪のような炎症が原因の場合もありますが、風邪などの症状がないのに声のかすれが続く場合、声帯ポリープや声帯結節、喫煙が関係している喉頭がん、甲状腺がんによる神経麻痺(まひ)、加齢による声帯萎縮(いしゅく)などが考えられます。
風邪による喉の炎症がきっかけになって声帯ポリープや声帯結節ができる場合もあります。放置すると治らないだけでなく悪化する可能性が高いです

のどに違和感がある

のどがすっきりしない、違和感がある、異物感があるなど、のどの異常感を訴える人は多いものです。
慢性の咽頭炎や扁桃炎、喉頭炎のほか、喉頭がんや咽頭がんの初期症状の場合がありますので早目に耳鼻咽喉科で診察を受けられることをおすすめします。
また、副鼻腔炎の後鼻漏や、逆流性食道炎、加齢による唾液の分泌低下などによって違和感が生じる場合もあります。
原因となる疾患がなくてものどの異物感を感じる場合があり、咽喉頭異常感症と呼ばれますが、心身症の一種と考えられています。

飲み込めない・むせる

食べ物や飲み物は、のどから食道に入り、胃に送り込まれます。
飲み込めないという症状がでるときは、通り道のどこかが何らかの理由で狭くなっている、あるいは送り込む筋肉や神経などの働きが低下しているといった理由が考えられます。
炎症の場合も粘膜が腫れて飲み込めないという症状のでることがありますが、もっとも注意する必要があるのは腫瘍、なかでも悪性腫瘍(咽喉頭がんなど)の有無をしっかり確認する必要があります。
むせるというのは本来は食道、胃に入る飲食物が喉頭でうまく仕分けされず、気管、気管支に入り、その刺激で咳が出る状態です(誤嚥:ごえん)。
この場合も悪性腫瘍の存在や、声帯の運動障害の有無などをチェックする必要があります。
高齢者で飲み込みの機能が低下し、誤嚥を繰り返すと重篤な肺炎になることもあります

喉が渇く

①なぜ「喉が渇く」のか

食事に含まれる水分を除き、平均的な人でおよそ1日に約1000mL以上の水分を摂取しています。 十分水分を摂ったのに、喉の渇きがとれない唾液があまり出ず、口が乾いて仕方ない このような症状があるとき、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 水分を摂っても喉が乾く場合、何らかの病気である可能性も考える必要があります 水分は血液とともに体全体を循環していますが、血液の中に含まれる水分が減少するのはよくない現象です。脳がその状態を感知すると細胞の中に含まれている水分を血液に送るよう指令を出し、それと同時に脳は「喉が乾いた」という信号を人間に送り、補給した水分を各細胞に行き渡らせる仕組みになっています。 (人間の体の約60%〜70%は水分であると言われていますが、そのおよそ2%が失われると、喉が渇いたと感じるそうです。 ちなみに5%失われると熱中症や脱水症状になり、10%失われると、体内の循環不全が起こるり20%失われると、死に至るケースがある場合があります。)

②1日に必要なおおよその水分量

厚生労働省によると、健康な成人男性の場合、1日に必要な水分量はおよそ2.5ℓ。 このうち、食事での摂取が1ℓ、体内で生成されるものが0.3ℓだそうで、残りの1.2ℓが足りないことになります。この分を飲み水として確保しなくてはなりません。 日々の活動状態が活発な人はもっと多くの水分を必要としますし、心不全、腎不全のある 方は 1 日の飲用量の制限量があったりしますので注意が必要です。 高齢者になると水分を取らなくなって(口渇感が少ない、トイレが近くなるからやめるなど)、 気が付かないうちに脱水状態になり、唾液量が減ったり熱中症になりやすくなります。また重篤な状態になると血液が濃くなり脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因にもなります。

③病的に喉が渇く原因

1)脱水、発熱
体の水分が汗などで失われて不足している場合や発熱により喉が渇きます。 喉の渇きの他、食欲不振、ふるえ、頭痛、腹痛などの症状が見られることもあります。 熱中症などによって引き起こされている可能性もあるため、意識がもうろうとしているような様子や、自力で水分があまり取れないような様子があれば、すぐ受診しましょう。
2)高齢者
高齢になると体内水分量も約 50% に低下します。 また喉の渇きも自覚しにくくなり、トイレの回数やオムツ 交換など介護の手間を減らすために、水分摂取を自制してしまう高齢者も少なくありません。身近に高齢者がいる場合には、こまめに水分補給でき るように配慮しましょう。
3)ドライマウス
ドライマウスとは、「口腔乾燥症」と呼ばれる症状のことで病気ではありません。主に口やのどの渇きといった自覚できる症状全般を指します。女性の特に50~70歳代の中高年の女性に多く見られるといわれていましたが、それは加齢に伴う唾液の分泌量の低下で、最近では30~40歳代の女性ホルモンの分泌量の減少や自律神経のバランスの乱れが原因とも言われています。食べ物をよくかんでストレスを減らすことが大切です。
4)糖尿病
インスリンの不足により血糖値が慢性的に高くなる病気です。遺伝的な影響もありますが、食生活、運動不足、肥満などによって起きる生活習慣病でもあります。 糖尿病の場合は、インスリンが十分に働かないため、血糖が取り込めなくなり、高血糖の状態になります。すると、身体は吸収されなかった糖を尿として排出しようとするため、尿の量が多くなったり(多尿)、トイレに行く回数が増えます(頻尿)。 尿が排出されるときには、当然水分も出ることになるため、身体は脱水の状態になって喉が渇くのです。初期はこれといった症状はありませんが、進行するに従って喉の渇きや多飲多尿、夜間の頻尿、疲労感などが出現することがあります
5)腎臓病
腎臓は尿を排泄する器官です。 そのため、腎臓が上手く働かなくなると、尿の濃度を調整する機能が低下します。その結果、尿量が増えて水分が失われ、喉が渇きます。腎臓疾患は、自覚症状が現れにくいのが特徴ですが、尿に色がついている、朝起きたらまぶたがむくむといった症状が続くときには、受診して相談しましょう
6)シェーグレン症候群
自己免疫疾患のひとつで、涙腺と唾液腺に異常を引き起こします。口や目の乾き、関節痛、筋肉痛などが特徴です。 主に50代で発病し、男女比は1:14と女性に多い病気です。気になる症状があれば病院で相談してみても良いでしょう
7)薬の服薬
鼻炎や鼻づまりがある方は口呼吸になり喉が渇きます。また鼻炎薬の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬や、風邪薬よる口内の乾燥は、主に薬の抗コリン作用により唾液の分泌を抑えてしまうことで起こります。 睡眠薬、精神安定剤、抗うつ薬は喉が渇きやすいようです。
8)飲料
コーヒー、紅茶、緑茶、エナジードリンクなどの取りすぎは利尿作用があるため多尿になり、喉が渇きます。
9)塩分やアルコールの取り過ぎ
塩分摂取が多いと血液を薄める必要から細胞の中の水分が取られて喉が渇いたように感じます。また、アルコールは利尿作用があり喉の渇きがでやすくなります。
10)ストレス(自律神経の乱れ)
ストレスがかかると、交感神経の興奮状態が続くために唾液の分泌が減るため喉が渇きます。
11)妊娠、更年期
妊娠 初期 妊娠したらプロゲステロンという名の女性ホルモンの分泌量が上昇します。プロゲステロンは子宮内膜を分厚くするといった、妊娠のキープに欠かせない効果を発揮してくれますが、それ以外にも水分を保持する効果と体温を高くする効果があって、どれだけ水分補給を行なっても喉が渇きやすく感じ取ると言われています。また汗をかきやすくなり、つわりなどで食事や水分摂取に変化も生じやすいためです。 更年期とは年齢によるホルモンバランスの変化を原因とした、様々な不快な症状を起こす状態です。のぼせ、ほてり、発汗、不眠、抑うつが5大症状といわれていますが、ほかにも喉の渇き、イライラなどが見られることもあります。

④体に負担をかけにくい効率的な水分補給の方法

水分補給として一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良を引き起こしてしまいます。飲む量は、かいた汗の量を目安にし、汗で失われる塩分(ナトリウム)もきちんと補給しましょう。冷えたイオン飲料や経口補水液の利用が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。 長時間運動を続ける場合には、ナトリウム濃度をやや高くすることが必要です。トライアスロンなど長時間の運動では、血液のナトリウム濃度が低下して、熱けいれんが起こることが報告されています。 また、糖を含んだ飲料が推奨される理由としては、腸管での水分吸収を促進することが挙げられます。主要な糖であるブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時にあると速やかに吸収されます。そしてそれらに引っ張られ水分も吸収されるというのがそのメカニズムです。 また、エアコンの効いた屋内で長時間過ごす場合は、冷たいものよりも常温や温かいものを取り入れましょう