めまい、アレルギー、難聴、小児耳鼻科

めまい、アレルギー、難聴、小児耳鼻科

喉の病気について

病名から調べる

口内炎

口内を清潔に保ち、ステロイド軟膏、あるいはパッチを塗布して頂きます。胃腸が弱っていたり栄養不良の場合が多いこともあります。 レーザーや硝酸銀で焼くと舌ガンの場合わからなくなり、診断しにくい場合があります。当院では2週間以上治らない場合、組織検査を行うか、近隣病院耳鼻科へ紹介いたします。 他に口内炎と似た疾患として、ヘルペス(口唇周囲)、手足口病、ヘルパンギーナ、ウイルスによる口内炎、性病による口内炎、カビによる口内炎などがあります。

咽頭炎

咽頭に炎症を起こしたものが「咽頭炎」です。咽頭は鼻や口を通して直接、外と接するところなので、感染を起こしやすいところです。
気温の変化、寝不足や疲れなどで抵抗力がおち、細菌やウィルスが感染すると、のどが赤く腫れます。
のどの違和感や痛み、ものを飲みこむときの痛み(嚥下痛:えんげつう)があります。倦怠感、発熱がみられることもあります。
安静にして刺激物を避け、うがいをしたり、必要により抗菌薬などを内服して治療します。

扁桃炎

のどの奥の左右両側にある扁桃が、細菌などの感染により炎症を起こしたものが「扁桃炎」です。
扁桃は赤く腫れ、しばしば白い膿を持ちます。のどの強い痛み、つばを飲み込むときの強い痛みがあり、高熱を出すこともあります。
安静が必要です。抗菌薬の内服などで治療しますが、食事がとれないときは点滴をしたり、入院が必要になることがあります。
扁桃炎で高熱を繰り返すときは、手術で扁桃を取る必要があります。似たような疾患で伝染性単核症や溶連菌感染症などあります。

喉頭炎

ウイルスや細菌、アレルギー、喫煙、使い過ぎなどさまざまな原因により喉頭に炎症が起きている状態の総称です。
喉頭炎では声のかれ、咳、痛み、発熱などがみられます。空気の通り道である喉頭が、炎症によって腫れが強くなると呼吸が苦しくなることもあるので注意が必要です。治療は原因、症状に合わせて、声や全身の安静、薬の全身あるいは局所投与(吸入)などが行われます。この他、急性喉頭蓋炎、急性声門下喉頭炎など急激に呼吸困難となる場合は入院することがあります。喉頭結核など、一般的治療では効果のないものもあります。

急性喉頭蓋炎

呼吸が苦しくなる原因はたくさんありますが、大事な疾患の一つが急性喉頭蓋(がい)炎です。
発熱、のどの痛みなどの他に息がしづらい、物をのみこみにくいなどの症状が出てきたときは、急いで耳鼻咽喉科を受診して下さい。
喉頭ファイバーで診る必要があります。
一般的には喉頭蓋の腫れには抗菌薬やステロイドの投与を行います。ひどい場合は病院に入院する事があります。

声帯ポリープ・声帯結節

声がかれる、あるいは出しにくいといったとき、声帯に何らかの異常が起きている可能性があります。
声帯ポリープ・声帯結節(けっせつ)・ポリープ様声帯は声の乱用や炎症、喫煙などによって声帯の辺縁が突出し声の変化が起きる病気です。
炎症を抑える治療や発声訓練で改善しない場合は手術治療も行われます。
その他、喉頭がんやその他の悪性腫瘍により声がかれることもあります。
したがって、声の調子がおかしくなった時は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

喉頭がん

喉頭がんは頭頸部にできるがんの中で最も多く、男性に多く見られ、喫煙が発生に大きく影響するがんです。
声帯にできるがん(声門がん)は初期から声がかれるため比較的早期に診断されます。
がんが進行すると、声がれだけでなく息苦しさなどの症状が現れてきます。
一ヶ月以上声がれが続く場合には、喉頭がんの疑いもありますので、必ず耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。
これに対して、声帯以外の部分から発生する喉頭がんでは、のどの異物感、違和感などの症状が見られますが、声がれの症状が出にくく、声門がんにくらべて進行した状態で診断されることがほとんどです。
また、頸部のリンパ節に転移しやすい特徴があり、首が腫れてから気づかれることもしばしばです。
声門がんは、多くの場合放射線治療で治癒しますが、声門上がんの治療は、放射線、抗がん剤、手術を組み合わせて行います。
声がかれる時は直ちに受診しましょう。

Web順番受付

  • 携帯・スマホ・パソコンから当日の順番受付ができます。
  • 初診の方もご利用いただけます。
  • システム受付時間:午前診察9:00〜12:00、午後診察15:15〜17:15
  • 必ずご自分の順番の10番前にはご来院ください。
  • 順番が来た際にご不在の場合は後回しになる場合がございます
  • ※順番がまだ先でも、診療時間内には必ずお戻りください。


https://ssc5.doctorqube.com/miyazakicl/

メールにてお問い合わせ

  • 電子メールにてお問い合わせできます。
  • 初診の方もご利用いただけます。
  • システム受付時間:午前診察分8:40〜12:30、午後診察分14:50〜17:30まで
  • 内容によっては返信できない場合が御座いますので予めご了承下さい
  • 詳しい説明が必要な場合はお電話にてご連絡下さい

メール問合わせ

mail.miyazaki@miyazakicl.net