めまい、アレルギー、難聴、小児耳鼻科

めまい、アレルギー、難聴、小児耳鼻科

喉の病気について

病名から調べる

外耳道炎

耳の通り道の炎症。耳の中を毎日のように綿棒などで掃除している人に多いです。耳周辺が痛いときはだいたいこの病気です。初期は耳のかゆみだけですが、悪化すると耳だれや聞こえにくいといった症状が出てきます。さらに進行すると鼓膜炎を合併します。

外耳道炎の対処方法

耳掃除をしばらく止めることと、抗生物質の内服・点耳薬や軟膏を塗ることで治ります。アレルギー疾患を合併している方が多いので抗アレルギー剤服用することもあります。

急性中耳炎

中耳に炎症が起きて激しく痛くなる病気です。風邪の時に耳管を介して細菌が中耳に入ってなることが多いです。耳と鼻は耳管という管でつながっているため、鼻が汚い時に鼻をすすったり、逆に強く鼻をかみすぎたりしてなることが多いです。進行すると改善するのに時間がかかり、聞こえも悪くなります。また、鼓膜が圧に耐えられなくなると耳だれが出てきます。

急性中耳炎の対処方法

痛い耳のほうにはお風呂の水が入らないようにしましょう。あまり痛い場合は、痛い耳の後ろを氷のうなどで冷やしてあげれば、楽になります。治療は重症度によって異なります。軽度から中等症の場合は抗生物質の内服、重症の場合は鼓膜切開が必要となります。

慢性中耳炎

中耳に慢性の炎症があり、鼓膜はそのために開いています。ひどい場合は鼓膜がまったくないこともあります。聞こえが悪いだけでなく、免疫力が低下すると、耳だれが出たり耳の痛みを感じる場合もあります。プールやお風呂で耳に水が入ると鼓膜の穴から中耳に水が入ることになるため、耳を濡らさない方が良いです。

慢性中耳炎の対処方法

手術により、聴こえも良くなったり耳だれも出にくくなったりしますので、医師に相談してみて下さい。必ず手術した方がいい真珠腫性中耳炎もあります。手術しないか、した方が良いかはケースバイケースです。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎は、鼓膜の一部の角化(かくか/固くなること)した皮膚が、内部にDebris(デブリ)と呼ばれる剥離物を伴って中耳に侵入し、細菌感染などの炎症を起こしながら、骨など周囲の構造物を破壊して増大する病気です。発生する原因は未だ解明されていませんが、鼻と中耳の換気を行っている耳管の機能が悪いことや、中耳のガス交換を担当している乳突蜂巣(にゅうとつほうそう)の働きが悪いことが関係しているといわれています。耳管の機能やガス交換機能が悪いと、鼓膜が奥に引き込まれて、そこに上皮(皮膚の表面)の剥離物が積み重なって真珠腫が生じるということです。

真珠腫性中耳炎の対処方法

真珠腫の進み具合によりますが、治療効果のある薬物がないために、基本的には手術を行います。手術は入院して全身麻酔で行うことが一般的です。鼓室形成術、乳突削開術(にゅうとつさっかいじゅつ)という手術を行うことが多いです。真珠腫は手術を行っても再発することが少なくなく、その再発を防ぐ方法は未だ確立されていません。各施設で、再発予防のためにさまざまな工夫をしているのが現状です。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔という部屋に滲出液という液体がたまる病気です。中耳の粘膜の炎症と耳管の働きの低下があると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔にたまるようになると考えられています。
子どもでは3歳ごろから10歳ごろまでに多くみられます。子どもの難聴の原因では一番多いものです。

滲出性中耳炎の対処方法

治療は、中耳にたまっている滲出液をなくして聞こえをよくするための治療と、耳に悪い影響を与えている鼻やのどの病気に対する治療とを並行して行うことが大切です。
 耳に対する治療では、聞こえの状態がかなりわるい場合は、とりあえず鼓膜を少し切って中にたまっている滲出液を吸い出す鼓膜切開術を行い、聞こえの改善をはかります。病気の程度が軽い場合には薬による治療や、鼻から耳に空気を送る耳管通気〈じかんつうき〉という処置を行います。たびたび滲出性中耳炎をくり返す場合は、鼓膜にチューブを入れる手術がよく行われます。

突発性難聴

内耳の障害で、神経の聞こえ自体が悪くなる病気。ストレスやウイルスが原因と言われていますがはっきりとした原因は不明です。突然聞こえが悪くなり、めまいを伴うこともあります。難聴が軽度の時は、聞こえが悪くなったというよりも耳が塞がった感じがします。

突発性難聴の対処方法

治療は安静とステロイドの内服や点滴です。治療が遅れると治りづらく、発症から1ヶ月たつと聴力は固定してしまいます。症状がひどい場合は入院により安静と点滴加療をすることもあります。突発性難聴はメニエール病と異なり基本的に症状は一回だけで二度となりません。

メニエール病

メニエール病とは、めまいや吐き気を発作的に繰り返す病気を指します。その他に耳鳴りや難聴などの「聞こえ」に関しての症状も併発します。

耳の奥にある内耳は、人の平衡感覚に重要な役割を果たしています。内耳の内部は空洞になっている部分があり、内リンパ液で満たされています。この内リンパ液の動きが、平衡感覚になります。

しかし、メニエール病ではこの内リンパ液の調整がうまくいかず、平衡感覚の異常が生じます。メニエール病が発症している時には、内耳のなかで「内リンパ水腫(水ぶくれ)」と呼ばれる状態が生じてしまい、感覚細胞を圧迫することになります。

2017年現在、内リンパ水腫を発症する根本的な原因は不明ですが、ストレスや睡眠不足、過労が考えられています。特にストレスは水腫を大きくしてしまう可能性があるといわれています。

メニエール病の対処方法

メニエール病の治療は、主に生活スタイルの確立や、内服薬や手術になります。

Web順番受付

  • 携帯・スマホ・パソコンから当日の順番受付ができます。
  • 初診の方もご利用いただけます。
  • システム受付時間:午前診察9:00〜12:00、午後診察15:15〜17:15
  • 必ずご自分の順番の10番前にはご来院ください。
  • 順番が来た際にご不在の場合は後回しになる場合がございます
  • ※順番がまだ先でも、診療時間内には必ずお戻りください。


https://ssc5.doctorqube.com/miyazakicl/

メールにてお問い合わせ

  • 電子メールにてお問い合わせできます。
  • 初診の方もご利用いただけます。
  • システム受付時間:午前診察分8:40〜12:30、午後診察分14:50〜17:30まで
  • 内容によっては返信できない場合が御座いますので予めご了承下さい
  • 詳しい説明が必要な場合はお電話にてご連絡下さい

メール問合わせ

mail.miyazaki@miyazakicl.net